敵は「新型コロナ」のみにあらず~その3~

今日は患者さんがいらっしゃらないので、のんびり診察室でこの記事を書いています。

しばらく間隔が空いてしまいましたが、今日は「その3」を書こうと思います。

今回は「B型肝炎」についてです。現在B型肝炎ワクチンは定期接種になっていて、1歳までであれば無料で受けることができます。

しかし、この定期接種化が始まったのは残念ながら2016年10月からです。

それ以前に生まれられている方は接種していない方が多いと思います。

一度母子手帳をご確認ください。

「このワクチンは接種した方が良いですか?」と最近よく親御さんから質問されます。一人の医師の意見として、できることなら接種してあげて欲しいと思っています。

なぜかと言いますと、このB型肝炎は血液、体液の接触で感染するのですが、大人になり性的接種で感染することが多く、問題となっております。またごく少数ですが「歯科治療」「ピアス」「歯ブラシ」などから感染することがあります。また2002年に保育所で20人以上の集団感染の報告もありました。2009年には祖父、孫、父と3世代の家族内感染が報告されました。

ではB型肝炎にかかるとどうなるのでしょうか?成人が感染すると20-30%の人が急性肝炎を発症します。急性肝炎にかかった人の2%が致死率約70%の劇症肝炎になります。また慢性化することもあり、そうなると肝硬変(肝臓が硬くなる)、肝臓ガンを発症することがあります。ちなみにこの慢性化は乳幼児の方がなりやすいと言われています。

B型肝炎を発症するのは多くの場合大人になってからですので、ワクチンの効果を実感しにくく、軽視されがちです。しかしB型肝炎に感染するリスクは成長するほど高くなっていきます。

このワクチンは乳幼児の間に接種すると効果が大きく、免疫は20-30年続くと言われています。なおワクチンの効果は大人になるに従い低下します。40歳代を過ぎての免疫獲得率は約80%と言われています。

お子様への一生のプレゼントにB型肝炎ワクチン、はいかがでしょうか?

次回は「おたふくかぜ」について書きたいと思います。

宗村純平

当クリニックでの感染症状況 (5月25日から5月30日)

今週も目立った感染症の流行はありませんでした。

今日の診療後に南草津で6月1日に開院する「南草津あおぞらクリニック」にお邪魔しました。

ここの院長先生は私も所属していた大学のラグビー部の後輩です。

残念ながら学年がかなり違ったので一緒にプレーをすることはできませんでした。私が卒業してから試合を見る機会があったのですが彼はパワーとスキルを兼ね備えたすごいプレイヤーでした。私が現役の頃はチームもそれほど強くなかったのですが、彼が入ってから見違えるように強くなり、西日本の医学部の大会で何度か優勝をするようになりました。

そんなパワフルでエネルギッシュなドクターですのでクリニックもきっと成功すると思います。内科、肛門、一般外科を中心に診療し、内視鏡検査もされるようです。

私のクリニックからも近いのでこれからどんどん連携させてもらおうと思ってます。

俊平先生、これからは一緒に頑張ろう。

2歳未満にはマスクはなくても大丈夫です。

小児科医会から「2歳未満の小さなお子様へのマスク着用はかえって健康を損ねる」との注意喚起がありました。

まだまだわからないことの多いウィルスですが、今までの報告からは2才未満の小さい子のマスク着用はメリットよりデメリットの方が大きいようです。

皆さん、「正しく怖がる」を是非継続しましょう。

「子どもの育ち相談」始まります。

6月から第3週土曜日の13時から16時に心理士さんによる「子どもの育ち相談」外来を始めます。担当されるのは岡田眞子(おかだまさこ)臨床心理士さんです。

岡田先生は19年間滋賀医科大学附属病院で発達障害のお子さんの発達評価、および親御さんのカウンセリングなどを担当されていらっしゃったとても経験豊富な優しい臨床心理士さんです。

「子どもの育ち外来」ではお子様の発達で悩みのある方、不安のある方、またコロナウィルスにより心のバランスの崩れた方などお困りの方の診察をさせていただこうと思います。完全予約制でさせていただきます。また基本的に保険診療で行う予定です。

ご希望の方はスタッフに直接お声がけください。

当クリニックでの感染症状況 (5月18日から5月23日)

今週も目立った感染症はありませんでした。

新型コロナウィルス感染の拡大が落ち着いてきたので待合に少しおもちゃ、本を出しました。消毒は引き続きしっかり行っていきます。

 発熱、咳の方の診察ももうしばらく隔離室でさせていただきます。診察室ではゴーグル、ガウン、手袋等を着用をしていることもあり、少しびっくりさせてしまうかもしれませんが、院内感染防止のための措置ですのでご了承ください。

7月から第1,3土曜日午後診療開設します。

5月から第3土曜日(13時から16時)にワクチン、湿疹、アレルギー等を対象とした非感染外来を設置しましたが、7月からさらに第1週も開設いたします。

平日になかなか病院に来ることのできない方は是非ご利用ください。

また第3土曜日(13時から16時)に元滋賀医科大学発達支援学講座の心理士さんでいらっしゃる岡田眞子心理士による「 子どもの育ち相談 」外来を併設しました。

こちらはお子さんの育児で悩みのある方、不安のある方、またお子さんの発達が気になる方などに気軽に利用していただけばと思います。基本的には保険診療で診療を行う予定です。なおこの外来予約は現在ネットではできませんので、ご希望の方はクリニック(℡ 077-548-6655)にお問い合わせください。

現在小学1年生、4年生、中学1年生で行う学校心電図検診が新型コロナのため延期となっております。こちらの検診開始となりましたら心電図異常などで精密検査を受けるよう指示された方を診察できる外来枠も設置していく予定です。

当クリニックでの感染症状況 (5月11日から5月16日)

今週は目立った感染症はございませんでした。

5月16日より第3土曜日の午後診療(13時から16時)を開始いたしました。

予防接種、湿疹、便秘等、アレルギー、夜尿症などの非感染症を対象とした診療でしたが、多くの方にご利用いただきました。

新型コロナはなかなか完全収束しないようなので、こちらはこれからも継続して参りたいと思います。今後は他の週にも枠を設定する予定ですので決まりましたらお伝えさせていただきます。

公式LINE ホームページができました

オンライン診療で使用していたものとは別にクリニックの公式LINEホームページを作成しました。

これからは

オンライン診療・・・今まで通りのアカウント ID: soumura6655

ワクチン実施確認・・・公式LINEホームページ ID: @715ywdlb

にて運用させていただきます。

よろしければ公式LINEの友だち追加をお願いします。

https://lin.ee/ihHoXWs

もしくは

ID: @715ywdlb を検索

まだホームページの情報は少ないですが、スタッフの皆さんと一緒に作っていこうと思います。

宗村

当クリニックでの感染症状況 (5月4日から5月9日)

今週は特定の感染症の検出はありませんでしたが嘔吐、下痢を生じるウィルス性の胃腸炎の方が少し増えてきた印象があります。

最近、受診される患者さんのお母さん、お父さんに「こんな時期にこんな症状で受診してしまいすいません」と言われることが良くあります。

私は逆にこのような状況でも受診をしていただいたことはすばらしいことだと思っております。

新型コロナの報道が毎日され続け、皆様は大きな不安、場合によっては恐怖を感じながら生活をされていることと思います。そのような中でもお子様の体のことを思い、そして心配してクリニックを受診していただいた保護者の方の行動はとても素晴らしいと思っております。

現在、皆様が思っておられる以上に当クリニックを受診される患者さんの数も少なくなっている状態です(少しさみしいです)。

またクリニックの換気、消毒を行い、安心して受診していただける環境作りを心がけておりますので、心配なことがありましたら気軽にご相談ください。

それでもやはり来院に不安を感じられる方は「オンライン診療」をご利用ください。

またよろしければLINEによる「ワクチン確認サービス」も是非ご利用ください。

このような状況ですが、病気の予防と早期発見、早期治療をしていきましょう。そのためにできることをしっかり行うことが、当クリニックの役割だと思っております。

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが終了しますね。今年はどこにも行くことができず、例年より長く感じられた方も多いのではないのでしょうか?

当クリニックでは5月4日、5日と診療をさせていただきました。

こんな状況ですのでクリニックを開けても受診がなかったらどうしよう?と不安もありましたが、両日とも受診していただきほっとしております。

初めて来られた方、何度か来ていただいている方にも利用していただき、多くの方にお目にかかれたので、開けて良かったなと思いました。また連休にもかかわらず勤務をしていただいたスタッフの皆さん、薬局の皆さんにも感謝しております。

話は変わりますが、LINEでのワクチン確認サービスを実施しております。

早速1名の方に利用していただきました。

現在実施されているワクチンが対象としている病気は、罹患すると健康を大きく損ねたり、後遺症を残したり、場合によっては命を奪いかねないものがほとんどです。これらのワクチンを接種することで自分の身を守るのはもちろん、周りの人がその病気にかかる確率を下げることもできます。新型コロナでよく論じられている「集団免疫」がまさにこれですね。

病院に行くことに不安を感じられている皆様には是非このシステムを利用していただき、一人でも多くの方がワクチン接種を漏れなく接種していただければと願っております。

新型コロナの出現により病気を予防することの重要性をより強く認識された方も多いのではないのでしょうか?このことは新型コロナから得ることのできた数少ないプレゼントだと私は思っております。

是非一緒に皆様のそして地域の健康維持に取り組んでいきましょう。