インフルエンザワクチン追加受付終了しました

10月17日から募集しました「インフルエンザワクチン追加枠」は予定数に達したため、受付を終了させていただきます。

日曜日にもかかわらず、予約いただきありがとうございました。

なおネットからのキャンセルはできなくなりますので、キャンセルをされる場合はクリニックに連絡をお願いいたします。

インフルエンザワクチン枠はすべて埋まっているため、他の枠への変更は原則できませんのでご注意ください。

もし体調不良等で接種ができない場合は一度受診をお願いいたします。受診された際に振替の予約をさせていただきます。

インフルエンザワクチンの接種日時変更希望について

インフルエンザワクチンの接種日時変更希望をされる場合についてお伝えさせていただきます。

インフルエンザワクチンの空き枠がすでにほぼないため、今後日時の変更は原則お受けできません。

もし接種当日発熱等の体調不良があり接種ができない場合はクリニックまで連絡をしていただくようお願いいたします。そして当日もしくは翌日(もしくは翌々日)の一般診察を受診していただくようお願いいたします。連絡なくご来院されなかった場合はキャンセル(振替え接種は不可)とさせていただきます。

受診いただいた場合は診察時に振替えの接種日時を決めさせていただきます。また振替えの際はクリニック指定の時間帯になりますことをあらかじめご了承ください。

「感染対策をしながらの診療」と「一人でも多くの方へのインフルエンザワクチン接種」を両立させるためにスタッフ一同必死に努力しております。

皆様には大変ご不便をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

宗村純平

インフルエンザワクチン Q & A (10月3日更新)

10月3日現在、多くの方に予約をしていただき、予約枠がだいぶ埋まってまいりました。すでにクリニックまでお問い合わせをいただいているご質問を中心に当院でのインフルエンザワクチン接種についてお伝えさせていただきます。

インフルエンザワクチンQ&A

Q:どのように予約をしたら良いですか?

A:なるべくネットからの予約をお願いいたします。一般診療の電話がつながらなくなるため、お電話での予約は極力お控えいただければと思います。(受付初日はなかなかネットがつながらずご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした)

Q::インフルエンザワクチンは何歳から接種できますか?

A:生後6か月から接種可能です。ただ1歳以下は感染予防効果が少ない、というデータもあります。しかし重症化の予防ができるとの報告もありますので保育園等に行かれている方は接種を検討されてもよろしいかと思います。

Q:何回接種したら良いですか?

A:13歳未満の方は2回接種、13歳以上の方は1回接種です。今年はワクチン数が例年より少ないので13歳以上の方の2回目接種はできません。

またWHO(世界保健機構)の見解では9歳以上は1回接種でもしっかり免疫がつくと言われています。

ですので9歳以上の方は1回接種でも良いと思います。

Q:ワクチン接種後免疫ができるのはいつ頃ですか?効果はいつまで続きますか?

A:接種後(2回接種される方は2回目接種後)2週間後くらいからと考えられます。なお効果は5か月間ほど持続すると考えられています。

Q:新型コロナワクチンを接種する場合はいつ接種すれば良いですか?

A:新型コロナワクチン接種前後2週間以内をはずしていただければ接種可能です。

Q:今年はワクチンが少ないと聞きましたが予約できますか?

A:10月3日現在、平日を中心にまだ空きございます。まだの方は是非お急ぎください。

Q:受診をしたことがないのですが、予約できますか?

A:例年よりワクチンが少ないため大変申し訳ありませんが受診歴のない方の予約は受付しておりません。ただご家族に受診歴のある方は予約可能です。ネットから予約の際は代わりに受診歴のある方のお名前でご予約ください。診察券をお持ちの方はなるべくご自身の診察券番号での予約をお願いいたします。

Q:他のワクチンと同時接種はできますか?

A:14時から16時の予防接種時間帯でしたら接種できます。その場合はまずインフルエンザ以外のワクチンを予約してください。その後9月27日以降にクリニックスタッフにお申し付けください。この時間帯用にインフルエンザワクチンは確保しておりますのでご安心ください。

Q:接種の時間帯、接種枠はどのようになっていますか?

A:以下のようになっております。ネットでは宗村純平担当、宗村万里子担当のどちらかをまずお選びください。

宗村万里子(内科医)担当

平日:9時~11時 (12枠)

第2,4 土曜:10時~11時 (9枠)

水曜日:14時~15時30分 (35枠)

金曜日:17時~18時45分 (40枠)

12/2(木):14時~15時50分 (60枠)

 

宗村純平(小児科医)担当 ※予約が定員に達しました

予防接種時間帯:14時~15時40分

10/16 (土):14時30分~17時45分 (105枠)

10/28 (木):14時~18時50分 (150枠)

11/4 (木):14時~18時50分 (150枠)

11/6 (土):14時30分~17時45分 (105枠)

11/20 (土):14時30分~17時45分 (105枠)

12/2 (木):16時~18時50分 (90枠)

12/4 (土):14時30分~17時45分 (105枠)

お子様でもDr宗村万里子担当枠での接種は可能です。

Q:2回目は1回目からどれくらいあれば良いですか?

A:2週間~4週間程度の接種間隔がおすすめです。4週間を超えても問題はございません。

またこちらにインフルエンザワクチンの予診票をつけておきます。

クリニックにお越しの方にはお渡ししておりますが、お持ちでない方は予診票のみを印刷し、あらかじめ記入していただき持参していただきますと接種がスムーズです。

宗村純平

ネット予約のアクセスがしやすくなりました

ネット予約業者の方に依頼し、同時アクセスされる患者さんが多くてもつながりやすくなるよう改良をしてもらいました。

皆様にはインフルエンザワクチン受付時などにご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。

今後もシステムの改良を重ねていこうと思いますので、皆様のお声を聞かせ下さい。

吃音(きつおん、どもり)について

今日は「どもり」について少し書こうと思います。

突然ですが皆さんもしくはお子さんに吃音(きつおん、どもり)はございませんでしょうか?

吃音とは言葉の一部を繰り返したり、言葉の一部を引き伸ばしたり、言葉が詰まったりする状態のことを言います。

幼児期の20人に1~2人発症すると言われており、決して少なくない言語障害です。

私自身も急いだり焦っていると吃ることがしばしばあります。

また私の子どもにも吃りがある子がいます。

外来でもよくお子様の吃りについての相談を受けます。

吃りを初めて認める時期は平均2歳9か月で2~4歳頃までに95%が発症すると言われています。

学童期の有症率は1%程度で入学するまでに7~8割が自然に治癒すると言われています。

では吃りが続く場合はどうしたら良いのでしょうか?

まずは以下のことを試していただけばと思います。

お子様の成長を見守りつつ、発語運動技能の自然な発達が促進できるような環境作りをしていただければと思います。

しかしこれらを心がけても1年ほど改善がない場合は言語聴覚士さんなどに一度相談した方が良いかもしれません。その場合は適切な医療機関に紹介をさせていただこうと思いますので一度ご相談ください。