当クリニックでの感染症状況 (5月4日から5月9日)

今週は特定の感染症の検出はありませんでしたが嘔吐、下痢を生じるウィルス性の胃腸炎の方が少し増えてきた印象があります。

最近、受診される患者さんのお母さん、お父さんに「こんな時期にこんな症状で受診してしまいすいません」と言われることが良くあります。

私は逆にこのような状況でも受診をしていただいたことはすばらしいことだと思っております。

新型コロナの報道が毎日され続け、皆様は大きな不安、場合によっては恐怖を感じながら生活をされていることと思います。そのような中でもお子様の体のことを思い、そして心配してクリニックを受診していただいた保護者の方の行動はとても素晴らしいと思っております。

現在、皆様が思っておられる以上に当クリニックを受診される患者さんの数も少なくなっている状態です(少しさみしいです)。

またクリニックの換気、消毒を行い、安心して受診していただける環境作りを心がけておりますので、心配なことがありましたら気軽にご相談ください。

それでもやはり来院に不安を感じられる方は「オンライン診療」をご利用ください。

またよろしければLINEによる「ワクチン確認サービス」も是非ご利用ください。

このような状況ですが、病気の予防と早期発見、早期治療をしていきましょう。そのためにできることをしっかり行うことが、当クリニックの役割だと思っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です