感染流行状況(5月30日~6月4日)

アデノウィルス:4名

RSウィルス:1名

溶連菌:1名

今週はRSの検出がありました。

RSウイルスは大きな子が罹ると発熱、鼻水の症状を呈しますが、1才未満のお子さんが罹ると鼻水の後にぜーぜーと喘息のような状態(細気管支炎と言います)や肺炎になってしまう場合があります。

残念ながら有効な治療法はなく、対処療法となりますが、咳がひどい場合や水分が摂取できない場合は入院が必要になることがあります。

もしそのような症状を認めた場合はまずはクリニックに連絡をしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。