5歳から11歳への新型コロナワクチン

5歳から11歳に対する新型コロナワクチンが厚生労働省の審議会で承認されました。

この結果、すみやかに特例承認されること思われます。

また1月19日に日本小児科学会が「5歳から11歳への新型コロナワクチン接種に対する考え方」を公表しました。

これを読むと12歳以上に対する場合と同様に接種には意義があると述べられています。しかし接種に際してはメリット、デメリットを本人およびおやごさんがしっかり理解することが必要とあります。5,6歳のお子さんが理解するのは難しいと思われますのでその場合はおやごさんが決断することになると思います。

では、5歳から11歳のお子さんは新型コロナワクチンを接種をした方が良いのでしょうか?

この質問はクリニックでも良く皆さんから受けます。

先に結論から言いますと「どちらとも言えない」です。すいません。

接種をすればもちろん新型コロナに罹患する確率を減らすことはできると思います。しかし、何度か接種しなくてはならないでしょうし、そのたびに副反応のリスクを負うことにもなります。オミクロン株などの新規の変異株への有効性はあまりわかっておりません。

またごくわずかですが、心筋炎等を起こす(全員が回復した)可能性も指摘されています。

このようなワクチンであることを理解して打つべきかどうかを皆さん自身に判断していただかなくてはなりません。一度日本小児科学会の公表したこの文章をお読みいただき、ご判断いただければと思います。

ちなみに私は自分の子どもには新型コロナワクチンを接種したいのですが、内科医である妻は接種に消極的でどうするか結論が出ません(家庭での力関係からすでに結論が出ている気もしますが)。

曖昧なお答えになってしまい申し訳ありませんが、それくらい子どもに対して新型コロナワクチンを打つべきがどうかは簡単には決められないと思います。

なお当クリニックでは2月20日(日)と3月13日(日)に12歳以上の方への新型コロナワクチン接種を行わせていただきますが、現在は5歳から11歳の方への新型コロナワクチン接種の予定はありません。

可能であれば接種をしていきたいですが、現在の診療を継続しながら安全に5歳から11歳の方に新型コロナワクチン接種をする時間を確保するは困難であると感じております。

集団接種ではおそらく5歳から11歳の方へ接種はできるようになると思いますので当院で接種を行わない際はそちらをご利用いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。